完熟の甘味とほのかな苦味が調和した
『 シークヮーサーの天ぷら』

Recipeお手軽度★☆☆☆☆

❶ シークヮーサーの外皮をむき、置いておく。

❷ 小麦粉で天ぷらの衣を作る。

❸ 通常、天ぷらを揚げる要領で衣をつけたシークヮーサーを揚げる。

❹ シナモンと塩を少量ふる。衣に市販のホットケーキミックスを使うと、お菓子感覚でおやつとして楽しめる。

Ingredients

[二人前材料]

完熟シークヮーサー 10個
少量
シナモン お好みで
小麦粉 適量(衣を作る分量)

シナモンと塩を少量ふる。衣に市販のホットケーキミックスを使うと、お菓子感覚でおやつとして楽しめる。

今回紹介する「シークヮーサーの天ぷら」は、形にとらわれることなく様々な発想で料理を作り出すかっぽう山吹のオーナーが考案。確かに、柑橘類を「揚げる」というのはとても斬新な発想だ。

使用しているシークヮーサーは、農家から直接仕入れたものを下ごしらえしたのち、瞬間冷凍で保存。これにより、お店では一年中完熟のシークヮーサーを楽しむことができる。シークヮーサーは揚げることによって本来の強い酸味が抜け、小さな子供やお年寄りまでおいしく食べることができるのだとか。

かっぽう山吹では若鶏の唐揚げと一緒に供され、鶏の脂っぽさが抑えられてさっぱりとした食味に。自宅で鶏の唐揚げを作る際には、ぜひ一緒にシークヮーサーも。

おもてなしに重点をおいた、他では味わえない独創的な料理の数々を 楽しむことが出来る。

かっぽう山吹kappou yamabuki

住所 名護市大東1-7-19
電話 0980-52-2143
営業 11:30~15:00(L.O.14:30)  18:00~22:00(L.O.21:00)
休み 日曜、1月1日~5日